故障密度関数

17 03 2010
故障密度関数g(t)…故障の変異が大きい部分が高いグラフ(?
g(t)=λ*exp(-λt)

信頼度…t時間後に各機器が故障していない確率
R(t)=exp(-λt)

不信頼度… 〃 故障してる確率
1-R(t)

d[R(t)]=g(t)=λ*exp(-λt)

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。