RAIDの稼働率

29 03 2010

午後のシステムアーキテクチャでは出てくる出てくる

稼働率Rとする

RAID0 ストライピング
□-□
R^2
稼働率*稼働率
冗長性なし。アクセスは高速。片一方が故障すると稼働できない

RAID1 ミラーリング
□=□
1-(1-R)^2
全て-(一つが故障)*(もう一つが故障)=全て-両方とも故障
ディスクの内容をコピーする。片一方が故障しても片一方で生き延びる

RAID4 パリティ専用ディスク用意
□-□-p
R^3+3(R^2)(1-R)=3(R^2)-2(R^3)
全て稼働する確率+(二つ稼働し,一つが故障)が三通り
パリティディスクを用意することによってどれか一台が故障しても生き延びる

RAID5 パリティ分散化
□p-□p-□p
R^3+3(R^2)(1-R)=3(R^2)-2(R^3)
稼働率はRAID4と同じ だけど速い。

RAID01 ストライピングをミラーリング
(□-□)=(□-□)
R^4+2(R^2)(1-R^2)
全てが稼働+(片一方RAID0が全て稼働*もう片一方RAID0の一つ以上が故障)が二通り

RAID10 ミラーリングをストライピング
(□=□)-(□=□)
(1-(1-R)^2)^2
ミラーリング部が二つ RAID10の方が高速?

H18秋-SW午後I問4では1台100GBのHDDを実効容量400GB
RAID01とRAID10は実効容量が半分になるので合計8台のHDDでRAIDを組む
RAID01は
(□-□-□-□)=(□-□-□-□)
R^8+2(R^4)(1-R^4)
上記のRAID01と考え方は一緒

RAID10は
(□=□)-(□=□)-(□=□)-(□=□)
(1-(1-R)^2)^4
こっちも一緒

広告

操作

Information

One response

20 07 2017
つて乃@枠垢 (@yakuyomu108)

自分も今ちょうど授業でやったところだったので、わかりやすくて助かりました!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。