仮想化支援機構

28 06 2012

KVMのようなハイパーバイザ型の仮想化を行うには、
CPUやチップセットがVT-dに対応していないといけないらしいです。
(KVM公式より”you’ll need a system which supports VT-d”http://www.linux-kvm.org/page/How_to_assign_devices_with_VT-d_in_KVM)

KVMとは?
(http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/kvm01/kvm01a.html)

判断方法、ちょっと古い記事
(http://d.ballade.jp/blog/2009/10/vt-d-5321.html)

判断し辛いのですが、CPUは
i7 3770Kを用いたベンチマークがあったので、対応しているみたいです。
http://www.phoronix.com/scan.php?page=article&item=intel_ivy_virtualization&num=1
Z77チップセットも大丈夫そうでした。

VNCviewerがなんちゃら
http://support.reliablesite.net/KB/a142/using-kvm-with-the-intel-core-i7-3770.aspx

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。