VGAパススルー?

28 06 2012

購入したBTOのマシンには
直接CentOSを入れ、KVMを使います。
KVMの上にはWindows7Ultimate64bitとか、CentOSとか。

CentOSを選んだのはなんとなくで、
難しいようだったら潔くOSを変えるつもりです。

KVMを選んだ理由は、

・KVMに恨みがある
・Xenより高速(オーバヘッドが小さい)→Google検索で
・VGA(PCI)パススルーが対応している点
です。

VGAパススルーはホストOSが使用するはずの
グラフィックカードをゲストOSが使うというものです。
なのでゲストOS毎にグラフィックカードが必要みたいです。
(→Google検索 “vga パススルー”)

VGAパススルーに関してはXenが昔より対応しており、
Xenの方が記事も相対的に多いのですが、
RedHatがXenを捨てただのなんだのという話も見かけ、
それなら将来有望(?)そうなKVMをということで。
(→Google検索 “redhat xen kvm”)

VGAパススルーを求めている理由としては、
BTOで購入した際に変に良いグラフィックカードがついていたためです。
使える資源は活用します。

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。